ヘッダー

お気に入りの雑貨や家具が似合う住まいづくり

昼間は自然光でフローリング素材がより印象的に。

照明がつくる趣ある陰影

和室のフレームと障子が全体の洋風な雰囲気に 違和感なく溶け込む寝室

オーナー様がお持ちだったアンティーク窓を明かり取りに採用

家具がより魅力的に。

一つひとつこだわりある照明。

Concept

もとあるモノの魅力を引き出すリノベーション

今まで集めてきた家具や雑貨、照明に似合うような住まいづくりが今回のテーマ。
「DK+6畳和室」を「LDK 1つの空間」 にする間取り変更で、より統一感のあるくつろぎ空間が完成しました。

《 リフォームのきっかけ・目的 》
お気に入りの雑貨や家具がより味を出すように、
今あるものを最大限に活かしたリノベーションを行いました。

《 リノベーションのポイント 》
家具や雑貨がより魅力を増すような住まいづくりを心掛けました。
もともとある家具たちを活かすだけでなく、既存の建物自体も有効活用したリノベーションです。

寝室は和室のフレームや障子が全体の洋風の雰囲気に
違和感なく溶け込んでいます。

キッチンにはオーナー様がお持ちだったアンティーク窓を明かり取りに採用し、
暗かったキッチンに光が入るようにしました。

夜になると照明が趣ある陰影をつくります。
昼間と夜で雰囲気が変わるのも魅力の一つです。

オーナー様のお気に入りやこだわりを最大限に活かした住まいづくりが実現しました。


《 お客様からの声 ~KULABOを選んだ理由~ 》
姉と一緒にそれぞれの家のリノベーションを相談しにKULABOさんへ行きました。
姉と商談が重なることがありましたが、それぞれの希望にあわせてプランを考えてくださいました。また、初回商談でお会いした営業の方がお洒落なスーツを着ていて好感が持てました。

ROOM PLAN

Before
>
After

FACEBOOKFACEBOOK

InstagramInstagram