愛知県一宮市A様邸

インテリアが映える経年美を愉しむ家

Concept

インテリアが映える経年美を愉しむ家

A様邸   愛知県一宮市 /  136㎡

余計な装飾をせず白を基調にまとめたお住まいは、まるでお洒落な雑貨屋のような空間。
随所に散りばめられた真鍮のインテリアは空間を引き締め、シンプルながらも存在感を発揮します。真鍮は年月とともに落ち着いた色合いに変化をしていく楽しみもあり、生活をともにした分の愛着が生まれます。
お気に入りの家具や小物が映え、心落ち着く家に仕上がりました。

Outline

エリア 愛知県一宮市
家族構成 4人
間取り 4SLDK→5LDK
施工面積 136㎡
総工費 1125万円
工事期間 2ヶ月半

Contact

施工前のお客様のご希望・物件の課題
実家に戻ってご両親と同居をすることになり、住み心地をよくするためにリノベーションをご検討されていました。当社のホームページからお問い合わせいただきました。
KULABOの提案内容・POINT
施主様の「雑貨屋さんみたいな雰囲気にしたい!」というご希望に合わせてデザインの提案を致しました。複数社で検討されておりましたが、提案内容や予算感が一番しっくりきたKULABOを選んでいただきました。

Staff Comment

  • KULABOのスタッフ

    林 拓哉

  • KULABOのスタッフ

    青木 一晃

  • KULABOのスタッフ

    上田 真優

お家全体を白を基調とし、真鍮をあしらった小物で空間の統一感を出しました。真鍮はただ古くなってしまうのではなく、月日が経てば経つほど味わいが出る素材。今後何十年と暮らしていく中で、経年変化を楽しみながら暮らすことができます。
施主様のセンスも抜群で、家具や小物が映えるお住まいへ生まれ変わりました。

Reserve来店予約

必須ご希望日時・店舗

希望日※水曜日はお休みをいただいております
希望時間
希望店舗

【KULABO】

【ハウスボカン】

必須お客様情報入力

お名前*氏名の間にスペースを入れて下さい。
フリガナ*氏名の間にスペースを入れて下さい。
電話番号(ハイフンなし)
メールアドレス

任意

ご伝言