自由度が高くオシャレな造作洗面台!おすすめの事例を5選をご紹介

2023年11月17日

突然ですが、水回りがオシャレだと気分も上がりませんか?
特に洗面台は水回りの中でも使用頻度が多くなっています。朝の用意はもちろん、来客があった際にも使用される洗面台。おしゃれな洗面台であれば、朝の気分も上がり、来客の印象も良くなります。

そんなオシャレな洗面台にするには、造作洗面台をおすすめします!
カウンターを木材や石にしてみたり、洗面ボウルをカウンター一体型にしてみたり、鏡の形を変わったものにしてみたり…
オシャレなだけでなく家事動線を意識した設計にすることもできます。

しかし造作洗面台といっても、何を使ってどのようなデザインにすればいいか、なかなか想像しづらいものです。そこで今回は KULABOで設計したおすすめの造作洗面台をご紹介します。設置場所やデザインなど是非参考にしてみてください。

  • 事例①回遊性の高い洗面台

    シックなホテルライクインテリアで非日常感を

    工法:RC造
    間取り:3LDK+WIC→3LDK+WIC
    リフォーム費用:約1,685万円
    工事期間:約3ヶ月
    施工面積:87㎡
    築年数:築6年



    口の字の回遊廊下に設置したホテルライクの造作洗面台。人造大理石で造られたカウンターは幅180㎝と2人並んで使用しても余裕のある広さとなっています。鏡は幅いっぱいの1面鏡にすることで、朝の身支度もスムーズに。高級感を崩さないよう、引出と開き扉は廊下の色味と統一し、大容量の収納も計画しました。

  • 事例②木の質感にこだわった洗面台

    木の質感漂う自然素材に囲まれた戸建リノベ

    間取り:7DK→3SSLDK
    工事期間:約4ヶ月
    施工面積:120㎡



    カウンターと鏡のフレームに木材を使い、柔らかい印象に仕上げた造作洗面台。L字型に設計したことで、ちょっとした物置スペースとしても活用できます。洗面台から繋がる棚は木材でそろえ、収納は豊富に。マリンランプやタイルはナチュラルテイストとの相性が良く、ワンランク上の空間を演出しています。

  • 事例③玄関一体型の洗面台

    家族と過ごす時間が豊かになる繋がりがある家

    工法:RC造
    間取り:4LDK→2LDK(将来間仕切りで3LDK可)+書斎
    リフォーム費用:約1,490万円
    工事期間:約3ヶ月半
    施工面積:94.3㎡
    築年数:築30年



    玄関に入りすぐ目に入るのは、デザイン性にこだわった造作洗面台。玄関収納と洗面台を造作で繋げて製作したのはリノベならではのアイデアです。洗面台を廊下に出すことで、パントリーと脱衣室の広さを確保しつつ、居室に入る前に洗面台で手を洗えるという自然な動線を作り上げています。

  • 事例④アンティーク調の洗面台

    アンティークな質感漂う二世帯住宅化リノベーション

    工法:軽量鉄骨造3階建
    間取り:7DK→5LDDKK+WIC
    工事期間:約3ヶ月半
    施工面積:154.26㎡
    築年数:築31年



    木の質感と金属をうまく調和させたアンティーク調の洗面台。レトロ感を演出するため、水栓やクロスの柄にもこだわっています。照明は光が広がり過ぎないようワンポイントの照明計画で、洗練された雰囲気を作り上げています。

  • 事例⑤開放感のある洗面台

    こだわりのインテリアで魅せるマンションリノベ

    工法:RC造
    間取り:4LDK→2LDK+パントリー
    工事期間:約3ヶ月
    施工面積:93.6㎡
    築年数:築44年



    廊下の奥にあるアーチ開口をくぐると現れる造作洗面台。洗面ボウルには施主様こだわりの石を採用しました。ホワイトとグレーを基調にした空間に、石の質感が絶妙にマッチしています。照明や鏡にもこだわりぬき、デザイン性の高い洗面スペースが完成しました。

  • 最後に

    今回はおすすめの造作洗面台をご紹介しました。気になる施工事例はありましたか?
    造作洗面台はカウンターや水栓、鏡などこだわれるポイント満載です。自由度が高いからこそ悩むことも多いかと思います。また家事動線重視か、デザイン重視か、などお客様によって希望のスタイルも違います。
    KULABOではそのようなご希望やお悩みに合わせて、様々なテイストの造作洗面台をご提案しています。ご希望がまだ決まっていないという方もご安心ください。商材等を用いて一からご提案させていただきます。
    是非お気軽にご相談くださいませ。

このコラムの執筆者

KULABOのスタッフ

青木 一晃

Contentsコンテンツ